EDの薬の名称と危険な飲み合わせ

EDの薬は基本的には勃起改善薬で日本の医療機関では3種類の薬が処方されていますが、それぞれの名称が異なっていても作用は同じなので、効果が持続する時間や、生活習慣などに応じて服用することができます。EDは心因性のものが多いのですが、認知行動療法などによって根本的に治療をすると長い時間がかかるので、治癒するまではED治療薬を服用することになります。勃起改善薬はもともと他の用途で開発された成分が使われているので、同じ成分でも違う名称で販売されている場合があります。一般的には血圧をコントロールする薬から開発されていることが多いのですが、用量が異なっているので違う名称で勃起改善薬として販売されています。EDを治療する薬は基本的には安全性が高いのですが、他の薬との飲み合わせを間違えると重篤な副作用がでる危険性が高まります。抗真菌薬や抗ウイルス薬などに使用されている成分は勃起改善薬の血中濃度を高めてしまうので、効き目が強くなり過ぎて血圧が急激に低下するなどの副作用が出る可能性があります。また血圧をコントロールする薬を服用していると作用が同じなので、副作用の出る危険性が高まるので注意が必要で、顔が紅潮するなどの症状が出ることが多いとされているので気になる場合には薬の飲み合わせに注意をして、服用するタイミングを十分に考慮すると危険を回避することができます。世界的にも需要が大きい薬なので新しいタイプの薬が開発されていますが、世界的に人気の高いものとしては32時間効果が持続するもので、このタイプの勃起改善薬を服用するとデートなどの時に服用するタイミングを考えなくても良いので、気軽に服用することができます。

EDは身体的な問題でなる場合もありますが、多くは心因的な原因でなってしまう例が多く見られます。パートナーからの一言や、緊張からなってしまう、様々な原因がありますが治療薬を用いれば安全・確実に改善することが出来ます。